はじめてこのページに来られた方へ。 ブログの一般形式ですので、新しい記事が一番トップにあって、古い記事ほど下の方に行ってしまっています。毎日来てくださる方には都合が良いのですが、初めての方ですと、順番がまるで逆さです。 というわけで、初めての方はまずはじめまして。ザリガニの赤ちゃんです。からお入りくださいませ。

2007年09月29日

南郷水産センター(3)

 またまたブログを書くのをサボッてしまいました。
 ザリガニについて、何事も無かったわけではありません。
 色々多忙でついご無沙汰してしまいました。
 でも暑かった夏もようやく終わり、ザリガニの季節もどうやら過ぎてしまったようですから、今ごろ更新しても誰も見てくれないかもしれませんね(来年のために書いておくか)。

nango_1.jpg 
 今年も南郷水産センターへ行ってしまいました。
 と言ってももう1ヶ月も前の話です。
 こんどは正面エントランスの写真を忘れないようにちゃんと撮ってきましたよ。
 右の小さい写真をマウスで左クリックすると大きい写真が見られます。



nango_2.jpg
 こんなにザリガニがいっぱい!うじゃうじゃいます。






nango_3.jpg
 去年ここに来たときは、確かサオに糸がついていたはずだったのですが、釣り方が変わっていました。
 お祭りのときのヨーヨーつり(水風船つり)と同じ!
 エー!これじゃすぐに切れてしまうじゃないの!

 でもやってみると、どんな紙を使っているのかわかりませんが、それほど弱くはないようです。
 小さめのザリガニなら2〜3匹は釣ることができます。
 めちゃめちゃでかいのもいますけど、そんなのを釣ったらだめ。確実に切れちゃいますよー。
 見てると大抵おとうさんが「オオーッ」なんてジャイアントザリガニに挑戦してますけど、釣れませんから、止めておいたほうがいいです。
 何匹釣ってもお持ちかえりは一回一匹。釣れない場合はサービスお持ちかえりは無しです。

nango_4.jpg
 息子は2回やってそれぞれ3匹ほど釣りました。で、丈夫そうなこの2匹をお持ち帰りです。
 他にフナ(?)の引っ掛け釣りと、金魚のつかみどりもしましたけど、それらのお持ち帰りを含めても、名古屋から名神使って来て、駐車場料金と入場料まで払ったら、いったい一匹いくらの高級魚なのでしょうかねー。

 ま。レジャーなんて、そんなものです。無駄を承知でなきゃ、とってもやる気になりません。
 もっとも、ここの人に聞いたら、なんでも結構名古屋の方からも来るんだそうですねー。
 へーっ。自分のことを棚に上げておいてなにですけれど、まー、世の中には酔狂な人もいるものですよねー。

 ところで西尾から持ちかえったザリガニが2匹、今回持ちかえったのがやはり2匹、去年からいたのが3匹ですから、合計7匹の大所帯になったわけなのですが、どういうわけか、一月ほどの間に続けて4匹もお亡くなりになってしまわれました。新しく持ちかえったのじゃなくて、どうも去年からのが2匹は死んでしまったように思われます。
 寿命なんでしょーか?ザリガニっていったい何年くらい生きているものなんでしょーかねー。調べるのも面倒なのでまだ調べてはいませんけれど…。
 メダカやハムスターは1年だということらしいですし、逆に金魚なんかは弱いくせに、ン十年も生きるそうですねー。よくわからん。
 で結局、今日現在では昨年と同じ3匹+子供が十匹程度(あれま。ほんとに少なくなってしまいました)。でも残った子供は大きくなりましたよー。大きくなった子供の写真はまた、次回。
 
posted by ざりがにくん at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ザリガニつり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5635649

この記事へのトラックバック
     ザリガニ飼育日記のtop へ戻る