はじめてこのページに来られた方へ。 ブログの一般形式ですので、新しい記事が一番トップにあって、古い記事ほど下の方に行ってしまっています。毎日来てくださる方には都合が良いのですが、初めての方ですと、順番がまるで逆さです。 というわけで、初めての方はまずはじめまして。ザリガニの赤ちゃんです。からお入りくださいませ。

2007年08月05日

金魚を食べてしまった!

 この暑さで去年金魚すくいで取って来て、そのあとずっと飼っていた金魚が2匹死んでしまいました。尾の長さを別にして、体長3センチほどになっていたのに残念です。
 で、そのへんに、ぽいしようとしたら、ザリガニと目が合ってしまいました(うそ)。
 そういえば、ザリガニは魚の死んだのなども食べるというから、ためしにやってみるか。そこらへんにポイしておいて、ハエがたかるのも不衛生なので、もしザリガニが食べてくれるなら、その方が好都合です。

 で、ザリガニの水槽に死んだ金魚2匹をぽいしたところ、さっそくでてきてハサミで引きずり込みました。
 5匹のザリガニに2匹の金魚では、どう考えても計算が合わない。当然エサをめぐって熾烈な戦いの開始です。

 食べ易いからなのかどうか知りませんが、まず目玉から先に食べてしまうようです。そこから先は余り見ていて気持ちの良いものとも思われないので、しばらくフタをして放っておくことにしました。

 翌朝になって、どうなったかなぁ、と思って確かめてみたところ、金魚は跡形も無く片付いてしまっていました!すごい!さすがザリガニ!

 先週の日曜日に西尾いきものふれあいの里へ行ったときの写真です。釣り上げてバケツの中に入れたあと、携帯の接写モードでパチリ。
Pap_0000nisiozarigani2.jpg Pap_0001nisiozarigani.jpg
 上の写真をマウスの左ボタンでクリックすると、新しい画面に大きい写真が表示されます。
 そのあと、またここに戻るには、新しく開いた画面の右上にある「閉じる(X)ボタン」をクリックします。
posted by ざりがにくん at 16:10| ザリガニの飼い方

水について

 金魚などを飼うときは、水道水をいきなり使ってはいけません。
 水道の水には消毒のために塩素が含まれているので、水道からいきなり水槽に水を入れたりすると、金魚などは大小に関係無く、たいてい死んでしまいます。
 ですから金魚の水を替えるときは、1日くらい汲み置きした水を使う(半日か1日置くと塩素は抜けてしまいます)か、緊急でそんなことはしていられないときは、ペットショップで売っているカルキ抜きを入れて塩素を中和してから使います。

 そこで、わがザリガニくんなのですが、ザリガニの子供については、小さいので、塩素には注意が必要かもしれません。
 でも、親のザリガニなら大丈夫です。なにしろひところに比べれば棲息数が減ったとはいえ、水質汚濁でいろいろな生物が死滅していった中でたくましく生き残っているわけなので、水道水の塩素くらいでは死んだりしません。
 あんまり水がよごれたりしていたら、たまには全部水を入れ替えてきれいにしてあげましょう。とくに夏は水が腐り易いのでときたまはきれいにしてあげたほうがよいと思います。

 あ。水道水でも大丈夫と書きましたけれど、汲み置きできるなら、その方が良いことに違いはありません。ただ、金魚ほど神経質になる必要はありません。
 あんまり神経質になると水替えをするのが面倒になってしまい、つい水替えをさぼって、知らない間に水が真っ黒に濁ってしまった、などということにならないように、という、これは、老婆心です(老爺心か?)。

 ミドリガメも飼って3年ほどになりますが、こちらの方はいつも、子供が風呂場でジャージャー平気で洗っています。

 先週の日曜日に岩倉市の自然生態園に行ったときの写真です。先回の記事では、準備の都合でアップできなかったのですが、わりときれいに撮れていると思いますから、ここでアップいたします。
 自然生態園へは思いつきで行ったので、バケツも持たずに行ってしまいました。
 それで、釣ったザリガニはコンビニで貰ったレジ袋に少し水を入れて、そこに入れましたよ。
 ハサミで穴をあけられたらまずいーと思いましたが、なんとか無事に遊ばせてくれました。
Pap_0009iwakurazarigani3.jpg Pap_0007iwakurazarigani2.jpg Pap_0008iwakurazarigani1.jpg
 上の写真をマウスの左ボタンでクリックすると、新しい画面に大きい写真が表示されます。
 そのあと、またここに戻るには、新しく開いた画面の右上にある「閉じる(X)ボタン」をクリックします。

 こちらも自然生態園に行ったときの写真です。先回アップした写真と似てるものもありますが、別のカメラ(携帯)で撮ったものなので、ついでにアップしておきます。
 ほんとに小さいけれど、睡蓮の花がきれいです。
Pap_0013iwakurazariganituri.jpg Pap_0012iwakurasuiren2.jpg Pap_0010iwakurasuiren.jpg
posted by ざりがにくん at 15:39| ザリガニの飼い方

なんだか数が減ってしまったような…

 えっと…。
 このところちょいと忙しくって、注意して見てなかったら、どうも、ザリガニの赤ちゃん(もう赤ちゃんでもないようですが)の数が急に少なくなってしまったような…。

 けっこうすばしっこく逃げ回っていたので、親と同居でも、まだ当分はいいか、と思っていたのですが、ひょっとすると、親に食われてしまったのかもしれない!
 以前メダカを飼ったときも、やっぱり生まれたてのメダカの赤ちゃんを親が食べてしまいました。この程度の生物は動くものは何でもエサだと思ってしまうらしいので、まあ、仕方がないのでしょうねー。

 うー。メダカやザリガニは仕方がないとしても、最近は、人間も親が子を殺したり、子が親をバラバラにしてしまったり、まあ、恐ろしい世の中になってしまったことですが、そーすると、近年は、人間も、メダカかザリガニ並に退化してしまったのでしょーか、ねぇ。

Hi370163_zarigani_hikkosi.jpg そんなことばかり言っていても仕方がないので、とりあえず親は隔離しました。
 ここんとこは日本語の用法では当然、子供を隔離すると言うべきところでありますけれど、作業としては、親を別の入れ物に移動させたわけなので、正確に言えば、やっぱり親を隔離したことになると思います。

 右の写真をマウスの左ボタンでクリックすると、新しい画面に大きい写真が表示されます。
 そのあと、またここに戻るには、新しく開いた画面の右上にある「閉じる(X)ボタン」をクリックします。

 暗くて見にくいですが、写真の上の方にあるのが、いままでザリガニを飼っていた水槽で、現在は親のザリガニを下側の水槽に移しましたので、古い水槽は子供だけになりました。

 それで、子供だけにしておいて、よーくみてみると、やっぱりかなり数が減っているみたい。
 親が食べたのか、あるいは、子供同士で熾烈な生存競争の戦いを繰り広げていたのかもしれません。
 とりあえず、親を移すのは、簡単なので、そうしたのですけれど、子供をお互いにけんかしないように分けるなんてことはとてもやっていられない。わたしゃそこまで酔狂にはなれません。

 まあ、弱肉強食は世の習いなので、ザリガニの子供達が互いに争うことまでは関知しないことといたしました。
 数はへりましたが、今残っている子供はかなり大きくなっています。そのうちまた写真を撮ってお見せすることにいたします。

 下は引越ししたばかりの親の写真です。西尾いきものふれあいの里から持ってきた2匹が加わったので、現在は5匹になりました。
Hi370170_zarigani_hikkosi3.jpg Hi370169_zarigani_hikkosi2.jpg

posted by ざりがにくん at 14:20| ザリガニの赤ちゃん
     ザリガニ飼育日記のtop へ戻る